10、優先順位

2019年12月2日

今日、ひでむすは、代官山に
行ってきました。

「とある子供服のメーカーが
代官山のショップで
1歳のお祝いイベントをやるので
お母さんも一所に行こうよ」

という

昨年11月に第一子を出産した
長女からの誘いで

今日は一日
おばあちゃんデーです。

しかし…

丁度、今日は今受講している
エグゼクティブコーチ養成講座
Zoom学習会の日。

「同じ日かぁ〜。
困ったぞ〜」

一瞬、そう思ったんですが

娘と一緒に代官山に行き

おばあちゃんデーをすることに
即座に決めました。

実は、ひでむすには
昨年末、おかげ様に

「これからお金を持つ修行に
はいります。よろしくお願いします」

と誓う前に決めた
優先順位がありました。

自分にとって、

何が一番大切かという順位を
予め決めておいたんです。

一等賞が、娘との思い出創り

2、おかげ様の仕事
3、自己成長のための学習
4、NPOの仕事
5、その他

今回は、1番と3番がバッティング。

今回の学習会は
高額な授業料を支払って
受講中のもの。

真剣に取り組み
しかも、楽しみにしている
講座です。

流石に受講できないのは
もったいない。

が、ひでむすにとっての一番は
娘との思い出創り。

おかげ様の仕事で
講演の講師や茶話会。学習会の講師など
ひでむすにしかできない仕事で
他の方たちにご迷惑をかける時以外は

子供との思い出創りを
最優先にしようと
心に決めていましたので
迷う事はありませんでした。

その理由は簡単です。

これまで、生きていくのに精一杯で
子供との思い出が、ほとんどなかったから。

いつも子供との時間を犠牲にして
右往左往しながら飛び回っていました。

それじゃ私の人生
あまりにも寂しいだろぉ〜

って思ったんですよね。

で、ひでむすの最優先順位は
子供との思い出創りと決定。

孫が1歳の時しか参加できない
イベントは、一生のうちに
一度しかありません。

つまり、自分の娘にとっての
母親としての想い出創りに

母親の母親として
参加できるかどうかの
想い出創りという事に
なります。

ひでむすは、中学一年の時に
母が他界いたしましたので

子供を産んでからの母との想い出は
一切ありません。

故に、孫というものに
どの様に接していいかよくわからない。

が、もし、母が生きていたら
してもらいたかった事を
すればいいんじゃないのかなって
思いました。

自分の子供の1歳のイベント
母親を誘ったら断られた

うーーーむ
これはショックだぞぉ〜

そう思ったひでむすは

「一緒に行く。
誘ってくれてありがとぉ〜」

と、即座に答えました。

人生って言うのは
自分の想い出創り

それ以外にはないと思う
ひでむすです。

死んでいくときに

沢山、沢山の

素敵な心温まる想い出をもって
あの世に還っていきたい・・・

そう思ったひでむすです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたのおかげ様とお話しできる

【おかげ様】お試しセッションのご案内は
こちらから
↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/o8z1y