65、魂から教わったこと その2

みなさん、こんばんは。

昨日は、天の岩戸にアマテラスさんが閉じこもったように、自分自身の御霊が暗いところに閉じこもっちゃったら、どうなるんかいなと言うところで終了いたしました。

で、今日は続きです。

アマテラスさんが天の岩戸に閉じこもっちゃったら世の中真っ暗。

真っ暗な中で暮らして行かなきゃいけない神様たち、大迷惑ですよね。

ということで、アマテラスさんに天の岩戸から出てきて欲しくって、泣いたり、お願いしたり、脅してみたり、いろいろやったんだけどアマテラスさんて出てこなかったんですよね。

ほとほと困り果てた神様たちは知恵を絞り、大宴会をやってアマテラスさんをおびき出そうと、ドンチャン騒ぎ。

飲めや歌えや踊れやで、大フィーバーをして、本当に楽しい楽しい喜んでいるエネルギーをアマテラスさんのほうに送りましたとさ。

すると、アマテラスは「私がいないのに、何、楽しいことやってんだろう?」と思って、天の岩戸をちょっぴり開けて覗こうとした。

ちなみにその時に、どんちゃん騒ぎをしながら神様たちは、「すごい神様が出てきたゾォ~、自分たちはラッキーだぞぉー」とか言いながらどんちゃん騒ぎしたそうで……。

アマテラスさんは、自分以上にすごい神様って、ほんとにいるのって気になって、ちょっと覗いてみたんだわ。

その時とばかりに、鏡を用意していた神様が、さっとその鏡を差し出し、アマテラスさんを映し出したという。

結局、アマテラスさんが見たすごい神様って、鏡に映った自分だったんだけどね。

ちょっと長くなりましたが、私たちの魂も全くもって同じことで、【タマ】の部分が暗いと【シイ】の感情の部分が暗い言葉ばっかり出てきちゃうんだよね。

反対に御霊の部分が明るかったら、感情の部分も明るい言葉ばっかり出てきちゃうんだよね。

アマテラスが天の岩戸に閉じこもったって何のいいこともなかったよね。

だからさぁ、楽しいことを考えて、自分の中で自分のどんちゃん騒ぎをおこして、明るいところに出てくるより他ないんだよね。

と言うことで、自分自身の人生はそして自分自身のご機嫌は、自分でしか取れないと言うお話でした。

ではまた明日。

胎内記憶研究第一人者の池川明先生と
おかげ様通訳第一号のひでむすの
夢のコラボ共演

東京会場は1月中にご購入だと、
特別割引中だよ、

2020年2月11日(火) 17:45〜19:55
弥勒とおかげの内緒話 in 大阪
 ↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/events/2863227277055333/

2020年3月21日(土) 15:35〜17:35
弥勒とおかげの内緒話 in 東京
 ↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/events/2592503521026103/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたのおかげ様とお話しできる
【おかげ様】お試しセッションのご案内は
こちらから
↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/o8z1y